建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

小田全宏氏 アクティブ夢講座『落語家 三遊亭小遊三氏』

今回私は小田全宏氏の『アクティブ夢講座』を視聴しました。
これは夢の実現のためのヒントをそれぞれの分野におけるスペシャリストやパイオニアから学ぶラジオ講座です。
夢を叶えたゲストからスタート地点からゴールまでのプロセスを聞き、そこから新たな気づきや勇気を発信する講座です。

ゲストは「落語家 三遊亭小遊三氏」です。
三遊亭小遊三氏は皆さんご存知だと思います。
笑点に出演中の落語家さんです。

今回の内容は氏がどうやって落語家になっていったのか、また現在の想いなどを語っておられます。

私は個人的に笑点が好きで、時間が合えば必ず見ています。
大喜利は本当に楽しく、時事ネタなどを盛り込んでありますので勉強にもなります。

三遊亭小遊三氏が落語家になったのは20歳の時だそうです。
それまでは中学、高校と卓球をされていました。(この話も結構テレビで紹介されますよね。かなり上手だそうです。)
大学在学中は学園紛争の時代で学校が休みに、ただ行くあてもなく新宿をフラフラしている時に寄席に通うようになったそうです。
そこから落語に興味を持ち、学園紛争後学校が再開されても寄席に通う日々が続きました。

そして落語の世界に入門し36歳の時に真打となりました。
笑点の出演もその時からだそうです。

氏は中で『運の良い人」『運の悪い人』の違いを述べられています。
運の良い人は『運』の回ってくる人。
どこか楽しく、しっかりしている人。
運は意固地になると回ってこない。
自分の枠を決めてしまうと回ってこない。
自慢をしない。

現在、氏には多くの弟子がいらっしゃいます。
今後について、今までの継続が大事。
その上で弟子たちと笑っていられることが理想。
それが業界全体に広がっていけば、必ず良くなっていく。
特効薬はない、無理はせず。

最後に座右の銘を『果報は寝て待て。』ではなく『果報は練って待て。』だそうです。

ページトップ