建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

岡山旭川、二つのストリートビュー

こんばんは、ディレクターのヒサノブです。

世間の新年度フレッシュ感に乗っかって気持ち新たにスタート!と思いきや、先月からの仕事の繰り返しを黙々とこなしてます。

その仕事とはグーグルストリートビューの案件なのですが、本日改めてストリートビューと向き合ってみました。

そこでまずは、制作側ではなく、いちユーザーとして改めて使ってみたところ、
おやっ?っといった発見をしました。

ご存知グーグルさんは、日本中、世界中を網羅しておりますが(一部地域を除く)、でも、 四季折々のビューには対応していません。

例えば岡山後楽園の脇を流れる旭川沿いの桜。
あの通りは、どうせなら「桜」のビューにしてもらいたい。

丁度季節ばっちりなんで撮りにいったろうかな!

なんて思いながら検索したら…

あうち…

既に桜使用になっておりました…さーせん、せんせー。

f:id:yamato-hisanobu:20170403233155j:plain

曇りであんま綺麗じゃないけどすげー。と感動しつつ、
そして、後楽園の入り口方面からも桜をみてみようと移動したら、

あれ?

桜じゃなくなった。

夢二美術館から桜のないビューが延々と続きます。




どうなってんだろ?とちょこちょこいじってみた結果、県庁通りから夢二美術館までストリートビューが二種類あることがわかりました。

f:id:yamato-hisanobu:20170403233204j:plain

なるほど、一つはグーグル、一つは有志による撮影のようです。

んー。

どっちも曇りかい!



まあ何はともあれグーグルが作るインフラが、どんな風に発展していくのか楽しみであると共に、もっと自分も参加したいなと思う今日この頃です。

それでは!

ページトップ