建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

便利な文房具~フリクションカラーズ編~

f:id:yamato-fujita:20160707101727j:plain

おはようございます。
クライアントの要望に様々なデザインを提供できるクリエイター…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

今回も先週同様、便利な文房具をご紹介させていただきます。
本日は皆さんおなじみフリクションから発売されている、

フリクションカラーズです。

私はもともとボールペンは消せないものを書くためのものだと思っているので、
書類はもちろん、ちょっとしたメモでも
フリクションの消せるボールペンを使うというのは
なんとなく気が引けて、なかなか手を出せずにいました。


しかし、先日フリクションのコーナーがやけに広い…と思い見てみると、
なんと、蛍光ペンやスタンプ、サインペンまで出ていました!

とくにサインペンが消せるというのは個人的にもかなり感動して、
思わず一本買ってしまいました。


まだ義務教育のころ、、
持ち物のノートや教科書、辞書にはサインペンで名前を書いていましたが、
3年も6年も同じものを使っていると、
「自分の書いた文字が汚くて書き直したい…」
なんて思い始めます。

もちろん自分のものということを証明するための名前なので、
ボールペン同様、「消せないのが魅力」と分かってはいるのですが、
教科書やノートをなくすこともなく、辞書を借りパクされることもなかったため、
「名前をきれいに書き直したい」といつも思っていました。


思えば消せるボールペンがなかったころは、
「消せないのが魅力」というよりかは
「消すという選択肢がそもそもない」という感じでした。
そういう意味では、ボールペンにもサインペンにも、
「消せる」選択肢が増えていっているというのは
かなり便利なことなんじゃ…と思います。


www.pilot.co.jp

教科書の名前が消せなくて嘆いていた方も、
フリクションカラーズで解決!
カラーバリエーションがびっくりするほど多いので
お絵かきにも最適です!

皆さんもフリクションでぜひお好みのペンを探してみてください!

ページトップ