建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

広島Web広告運用のご案内2016

f:id:yamato-ikeda:20151022111053j:plain
Googleアドワーズの広告を出稿している方。

どのように効果測定をしていますか。

実際広告を出してみたら分かりますが、Web広告は単純に出すだけでは効果が分かりません。

それは使った月と使わなかった月で倍の売上や問い合わせなどがあれば話は別ですが、通常はそこまで分かりやすい結果にはならない場合が多いです。

では、一般の企業はどのようにして広告の価値を測っているのでしょうか。

それはアクセス解析をする事が簡単です。

Web広告というのは必ず広告をクリックしたらWebサイトへ流入が発生します。

チラシなどと違って、紙を見て即問い合わせではなく、Webサイトへ来たあと情報収集し、問い合わせや購入へ繋がります。

そのWebサイトでの情報収集をしかたどうか。何ページくらい見たかなど。

これらを解析して見ることが必要です。

このアクセス解析は毎日しっかり見続けろとは言いません。

Googleアナリティクスを使っていれば情報の蓄積がされますので、定期的に観察する事です。

それを見て広告の改善を試す事ができます。

繰り返し繰り返し自分の目標とする指標を目指して改善を繰り返します。

この地道な努力は必ずいい方向へと進んで行けるでしょう。

サイトの解析は次回のHPリニューアルでも活躍します。

どのページが重要か判断する最高の材料となります。

強いページ、弱いページ、自社の強みを見せられているか。

この辺は最低限考慮して制作するべきです。

ご相談は無料です。

ページトップ