建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

あの曲は実はクリスマスソングじゃなかった

f:id:yamato-yamamura:20151201150646j:plain

枕元に置かれていたキティちゃんの赤いバッグに
値札が貼ってあることを母に言ったら

「ああ…ばあちゃんったら剥がし忘れたのね…」

と聞いて、サンタさんなんて居ないことを悟った
小学3年生のクリスマス翌日。



さて、街ではいろいろな
クリスマスソングが流れ始めていますね。

よく知られているのは

  • 恋人がサンタクロース-松任谷由実
  • All I Want for Christmas Is You-マライア・キャリー
  • クリスマスキャロルの頃には-稲垣潤一
  • クリスマス・イブ-山下達郎
  • 冬がはじまるよ-槇原敬之

などがありますね。
上がっている曲が古いのは
コレを書いている人が古いからです。


こうやって曲名や歌詞を見ていると
いろいろ思うのですよ。

なんで恋人は「は」ではなく、
恋人「が」サンタクロース
なのか?

とかね。


いい機会なので
一番好きなクリスマスソングについて
ちょっと調べてみました。



結論から言うと
この曲はクリスマスソングではありませんでした。


その曲はというと、
上にもあげた稲川潤一の「クリスマスキャロルの頃には」です。

クリスマスキャロルが流れる頃には
誰を愛してるのか今は見えなくても


つまり、クリスマスではない時期
(おそらく夏や秋などクリスマスになる前)に

「もう君と僕は(おそらく)別れの決断をして
 別の人を愛しているだろう」

という歌詞なんですね!

つまりクリスマスに聴いていては遅いわけです。

自分たちがクリスマスソングだと思っていても
意外と時期外れだったりするんですね。


曲を知らない方はぜひ一度、
歌詞を見ながら聴いてみてくださいね!


稲垣潤一 クリスマスキャロルの頃には - YouTube

稲垣潤一/歌詞:クリスマスキャロルの頃には/うたまっぷ歌詞無料検索

ページトップ