建設現場デジタルサイネージの「モニたろう」と「モニすけ」ブログ

建設現場に大型LEDビジョンや液晶ディスプレイで現場のICT化を促進する提案を行うヤマト広告公式ブログ

ヤマト広告公式ブログ
大型LEDビジョンモニたろうや液晶モニターモニすけなど
デジタルサイネージ提案で建設現場のICT化を促進します!

Yamato Reboot

f:id:profeels:20191228095759j:plain

ちわ、ヤマト広告のまにわです
このブログも随分ご無沙汰しております^^;


ヤマト広告は2007年にデザインや印刷物、Webサイトの制作で開業しましたが、ここ最近はデジタルサイネージ一本です


で、ヤマト広告は建設現場用の大型LEDビジョンや液晶ディスプレイを提供する会社です


なので会社のホームページやら名刺やらいろいろとやり直ししてました


f:id:profeels:20191228100012j:plain
まずメインイメージ






いいでしょ




デザイン会社のかたに書いていただきましたw
弊社では制作できません





で、Webサイトリニューアル

yamato-agency.com



いいでしょ♥




ついでに、7月には建設現場以外のデジタルサイネージを取り扱う会社として
ヤマトサイネージ株式会社を立ち上げました(つか分社化しました)

yamato-signage.com



まぁ亀の歩みでなんとかやってます👌
これからもどうぞヤマト広告、よろしくお願いします。

f:id:profeels:20191228102541j:plain





ということで、2019年も超あっというまでしたが
よい、おとしを!!!!!!!



では、また。

ロゴを考える

f:id:yamato-fujita:20180222143427j:plain
こんにちは。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

前回は文字のデザイン、「フォント」の話をさせていただいたのですが、
今回はそれも含めた、「ロゴ」のお話です。

そもそもロゴって何?

ロゴとは、よく見かける会社名の「文字」を
独自にデザイン、加工しているもののことを指します。
こちらの会社のロゴでいう
f:id:yamato-fujita:20180222150337p:plain
こちら側ですね。
じゃあ左にあるマークって何?となるのですが、
こちらも一応「ロゴ」なのです。

といっても、それぞれに呼び方は違い、
文字は「ロゴタイプ」、マークは「シンボルマーク」と言い、
二つ合わせて「ロゴマーク」というみたいです。
f:id:yamato-fujita:20180222151659p:plain

ちなみに、この「ロゴマーク」は英語を組み合わせた和製英語ですが、
英語で使われている「ロゴマーク」は
「シンボルマーク」のみを示すようです。
仕事上でもなかなか定義がややこしいロゴですが、
念のため呼び方を知っておくと制作時の
指示の際に役立ちますね!

ロゴの基礎知識

一般的に言われているのは、
C.I(コーポレート・アイデンティティ)」というものです。
C.Iとは、企業文化を構築して、特性、独自性を統一された
イメージやデザインのことで、例えば青い鳥ならTwitter、
緑地にふきだしならLINEなど、社会に発信、共有することで
会社自体の存在価値を高める企業戦略のひとつです。

C.Iを構成する3つの要素

M.I(マインド・アイデンティティ)

C.Iの根幹であり、企業やブランドの理念や精神を統一していくもの。

B.I(ビヘイビア・アイデンティティ)

企業やブランドがM.Iを基として、実際どのような行動、
態度をとるのかを統一したもの。

V.I(ヴィジュアル・アイデンティティ)

M.IとB.Iを一つの視覚的なヴィジュアルとして統一していくもの。
先述の「ロゴ」のこと。

これだけ見るとM.IとB.Iはロゴと直接関係ないように思えますが、
ロゴを作るうえではこの二つを意識することが必須です。
何故かというと、見た目だけでなくその企業の理念、精神を適切に
表現すること
が、制作する中で最も必要なことになってくるためです。

ロゴを作る際に必要な「形」の基礎知識

ロゴデザインをするにあたって、以下の形態の中から
C.Iを考慮したうえで、適したものを選ぶことが大切になってきます。

黄金比

1:1,618(近似値)の比率のことです。植物の葉、巻貝などの
自然界のものにもこの比率が使われており、
ピラミッド、パルテノン神殿などもこの比率なんだとか。
日ごろよく見るたばこのパッケージ、クレジットカード、名刺も同様で、
有名なものだとipodクラシックやテレビなどにも使われています。
一番感覚として均整の取れた美しい比率なので、
デザインする際の指標として使うのがおすすめされています。

シンメトリー

二等分した垂線によって左右の形が合同になる形。
安定感、安心感、平和などの象徴として使用されることが多く、
薬局、訪問介護、建築関係など信頼、安心感を与えるイメージを
持たせたいときに、会社名などで使用されています。

アシンメトリー

左右非対称な形。ヘアスタイルなどでも流行りましたね。
流動性、動き、躍動感をイメージさせることができるため、
イベントなどの空間デザイン施工会社、学習塾、雑貨、ベビー用品など
躍動感、流動性をイメージさせるときに使用されています。

幾何学形態

〇や△、□などの数学的な原理や法則で作られている形で、
明快でシャープなイメージを与えることができます。
トイレの男女マークなどのピクトグラムなどによく使われており、
新鮮さ、ユニークさなどは与えづらいようです。
IT会社、不動産会社、クラウドファインディングサイトなど
クールさ、シャープさ、グローバルなどを狙い使用されています。

オーガニック形態

数学的な規則に縛られない自然な形。
人間的な感情や温かみ、親しみやすさを表現するのに用いられることが多く、
カフェやサロン、女性向けの花屋などのサイトなどに使用されています。

ロゴ制作の順序

モチーフの抽出

企業、ブランドの理念、行動指標を踏まえたうえでモチーフとなる言葉、形を抽出します。
かわいさやかっこよさなど、見た目のイメージのみで決めない、
中身のあるロゴにするために一番重要な作業になります。

2.モチーフの表現方法の選択

モチーフとなる言葉、形を、どのような形態で表現するのかを考えます。
誠実さ、温かみ、シャープさなど、
企業に適したイメージを選択することが重要です。

3. 実用に向けての確認

看板、ポスター、名刺などのサイズの変化があっても
きちんと視認できる形かどうかを確認します。


また、デザイナーはロゴを提案する際に、
そのデザインになった理由、コンセプトをクライアントに
分かりやすく説明することが大切です。

もし自社のロゴの制作をする場合は、
C.Iを会社内で考えて、思い入れのあるロゴを作りましょう!

小田全宏氏 アクティブ夢講座『作家 浅見帆帆子氏』

今回私は小田全宏氏の『アクティブ夢講座』を視聴しました。
これは夢の実現のためのヒントをそれぞれの分野におけるスペシャリストやパイオニアから学ぶラジオ講座です。
夢を叶えたゲストからスタート地点からゴールまでのプロセスを聞き、そこから新たな気づきや勇気を発信する講座です。

今回のゲストは「作家 浅見帆帆子氏」です。
私は初めて浅見さんのお名前を知ったのですが、「あなたは絶対!運がいい。」という著書がベストセラーなんだそうです。

今回の内容は浅見氏がなぜ作家になったのか、またどういう考え方で人生を歩まれているか語っていらっしゃいます。
大学卒業後、ロンドンへ留学し、インテリアデザインの勉強をされました。
帰国後、インテリアデザインの仕事のつながりから某出版者の社長さんと仲良くなり、浅見氏の考え方に共感され、それを自社で出版してはどうか?というのが最初だそうです。
ですから最初から作家を目指していたのではないのだそうです。

その内容とは「運」(夢)とはです。
イメージがしっかりしていて目の前のことを一生懸命やっていると、自然と運が拓かれ、夢は叶う。
無理やり自分で方法を考えるのではなく、そのイメージのまま、今日目の前のことを全力でやる。

「一生懸命にやる」とは、その事柄自体を楽しむこと。楽しめない事柄はプラス思考で乗り切る。
『しなくちゃ。』の意識を『~しよう。』へ変える。そのほうが自分が楽しくなるから。

もう1つ「直感を大事にすること。」
直感とは日常「ふっと感じる本音。」だそうです。
AとBの2者選択の場合、周りは全てAを推しても、自分気持ちがのBならそれに従うべき。

今回視聴して私が感じたことは、人生は選択の連続だということを改めて感じました。
確かに自分の直感を信じることが最良の選択であると思います。
嫌々やる事柄はやはり嫌のまま。それが好きに転じることはほとんどないのではないでしょうか?
仕事に置き換えてみますと、自分のやりたかったことをそのまま職業としている人は少ないと思います。
だけど、生活のためには仕事をしないといけない。
仕事の中に自分の好きなことや得意なことをどれだけ見つけることができるか。
それが大事なんだと思います。

ただ、生きていますと不意に「運がいいな。」と感じる場面に程度の差はあれ出くわすことが少なくありません。
これが浅見氏の言う「運が拓けた」瞬間なのかもしれません。

ページトップ