岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

フォントとデザイン

f:id:yamato-fujita:20180208091933j:plain

おはようございます。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

最近は岡山にも雪が降るようになって
急に寒くなる日が多くなってきましたね。
急激な温度変化で体調が崩れないようにしましょう!

今回はデザイン上で欠かせない
文字の様々な形、「フォント」の話です。

フォントの使いどころ

本、チラシ、ポスター、メールなど、ネット上でも欠かせない
日常生活の情報の伝達手段の大半が文字です。
スーパーのチラシを見てみると
「セール」「大安売り」などの文字と、
商品名、価格の文字はそれぞれ違うかと思います。

f:id:yamato-fujita:20180208105616j:plain

これはそれぞれの役割に合った「フォント」が選ばれていて、
色やふちなどもそれぞれ違います。

また、フォントを変えることで
このように雰囲気を変えることもできます。

f:id:yamato-fujita:20180208110754j:plain

ゴシック体と明朝体

また、最初の画像は「ゴシック体
二つ目は「明朝体」を使用していて、
この二つはそれぞれに特徴があります。

ゴシック体

f:id:yamato-fujita:20180208114147j:plain
うろこ(書くときの始まりのかくっとした部分)や
はらいなどがなく、線が均一になっている。
タイトル、見出しなど内容を強調したいときに主に使用される。
近代的、ポップ、強いなどのイメージで使われる。

明朝体

f:id:yamato-fujita:20180208114201j:plain
うろこ、はらいがあり、文字を書いたときの筆の動きが見える。
可読性が高く、書籍の門文書体として使われている。
伝統的、静かなイメージで使われる。
なので、どのデザインも
フォントを考えて作られています。

和文フォントと欧文フォント

そもそもフォントは大きく分けて
和文フォント」と「欧文フォント」の2種類あり、
それぞれその名の通り、日本語に対応したフォント、
英数字にのみ対応したフォント
という特徴を持っています。

例えば先ほどのスーパーのチラシのフォントは

f:id:yamato-fujita:20180208112314j:plain

このように使い分けています。
また、同じ和文、欧文フォントでも
種類や線の太さによって
その文字の持つインパクトやイメージが変わります。
そのためデザインの中では
伝える情報によって適切なフォントを選ぶ能力
重要になってきます。

文字のウェイトと見出し

ほとんどのフォントには、ファミリーという
少しずつ線の太さ(ウェイト)の違うフォントが
用意されています。

f:id:yamato-fujita:20180208121529j:plain

これはデザイン上で同じフォントを使用して
統一感を出しながらも、それぞれに
「大見出し(タイトル)」「中見出し」「小見出し」
とインパクトに順位を付けたい時にとても有効です。

また、サイズの違いと組み合わせることで
さらにわかりやすくなります。

ちなみにこのブログでも

大見出し

中見出し

小見出し

本文

で差が付けられますね。
見やすさも変わるので、どのサイトも
文字のウェイトや大きさは注意して
デザインされているような気がします。

文字の行間と字間

文字と文字の間は「字間」、行の間は「行間」といて
デザイン上ではこれらを調整するのも大切です。

f:id:yamato-fujita:20180208123530j:plain

字間、行間をゆったりとっていると
一文字一文字が見やすく、読みやすいですが
あまりに範囲が広いと
小説などの長文では読みづらくなります。

f:id:yamato-fujita:20180208123541j:plain

逆に字間、行間を詰めると
長文としては読みやすくなるのですが、
大きい見出しなどだと、読みづらくなってしまいます。



デザインではこれらの特徴を理解して
文字やフォントを選び、適切な箇所に
適切な表現方法を使用した文字を配置することが
一番に求められます。

また、日常生活の中でも書類制作などにも役立つので
是非覚えておいて損はないかと思います!

ページトップ