岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

歯医者に行ってきました

f:id:yamato-fujita:20170909113918j:plain

こんにちは。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

昨日何年かぶりに検診のために歯医者に行ってきました。
本当に何年ぶりだろう…と思いながらかなり古くなった診察カードを探し出し、
無事歯医者にたどり着いたもののあの独特の薬品の匂いに気圧されます…
やっぱり歯医者はいくつになっても怖いですね…

ところで、皆さんは歯医者、病院に行くときって、
身だしなみはどうしていますか?
女性の方なら分かるかもしれませんが、
症状や見てもらうところによってはノーメイクのほうが良かったり
ワンピースなどで行くと面倒だったりしますよね。

そこで今回そういう時に適さない服装とは何なのか、
メイクはどこまでやってOKなのかを調べてみました!

病院編

健康診断の時に気を付けたいのはやっぱり服装!
心電図、聴診器など、服装に気を付けていないと
下手したらかなり面倒なことになりかねないことが多いため
以下の服装に注意!

1. ワンピース

一枚でファッションが決まるし、
がばっとかぶってしまえば時間がない時でもすぐに着替えれるので
重宝する服装ですね。変にかっちりしすぎる服装にしたくないときにも
ラフなワンピースやチュニックを選びがちです。
しかし病院で診断を受けるときなど
やっぱり困ってしまうのが「聴診器」「胸部のレントゲン」「心電図」ですね。

聴診器は基本服の裾を持ち上げないといけないので、
ワンピースだとかなり困難、お医者さんも困ると思います。
ただ首元から聴診器を入れることができるので、
首元が広いワンピースであれば問題ありません。
着ていく服を選ぶ際は首周りの広さに注意しましょう!

胸部のレントゲンと心電図は上だけ脱ぐものなので、
上下が分かれていない服だと全部脱がないといけません…
上だけボタンを外して脱げるものであれば大丈夫かもしれませんね!

2.ストッキング・タイツ

初めて会社での健康診断に行ったとき真っ先に後悔したのがストッキング!
問題になるのは「心電図」ですね。
心電図は手足に消毒をした後ぺたぺたとシールを貼るので、
ストッキングをはいていても脱がないといけません。
脱ぐのも履くのも時間がかかるので、
履く際は靴下タイプのストッキングにしましょう!

3.顔色の見えないメイク

やはり顔色を診ることもあるので、濃すぎるメイクはやめておいた方がいいです。
のどの調子を見たり、目を見るような検診の時には
メイクが取れたり、邪魔になったりとあまりメリットはありません。
しかしそれでも外を出歩くならすっぴんは無理…
なので、検診内容をしっかりと確認して、邪魔にならない箇所にはメイクを施したり、
病院で部分的に落としたりしてみるのもいいかと思います。


歯医者編

大人になってから歯医者に行ったことがなかったため、
服装やメイクなどは事前に調べてから行きました!
割と自由ですが、気を付けたほうがいい服装とメイクなどをチェック!

1.後ろで結ばれた髪の毛

お分かりかと思いますが、ほぼ歯医者では仰向けになります。
しかも治療ともなれば長時間!変に動くと危ないので、
後頭部に当たってしまうようなポニーテールなどはやめておきましょう!
アクセサリー類も後頭部に刺さるようなものには注意!

2.口紅

これは当日に調べて知ったのですが、口をよく触るので
口紅などを付けているとお医者さんの手袋についたり、
器具につくので避けたほうがいいようです。
うがい用のコップにもついちゃうので気を付けたいですね。

3.汚れると困る服

汚れることはまずないと思いますが、
汚れチェックに使うピンク色の液体が飛び散ってしまうこともあると思います。
汚れていい服なんてなかなかないとは思いますが、
できるだけ真っ白な服などは避けたほうがいいと思われます。



いかがでしょうか、調べないと結構わからないものもありますが、
治療のことを考えると…となんとなく気づくようなことも
多いように感じますね。
病院によって違うかもしれませんは、
まずは無難な服装でしっかりと診てもらいたいですね!

ページトップ