岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

のぼりの素材変化に注目。

こんにちは。 新しい販促商材を常に提案し続ける営業マン 西井です。

f:id:yamato-nishii:20170420210823j:plain

先日のぼりの依頼がありました。
レギュラーのぼり80枚。
そのご依頼いただいた店舗さんには大きな駐車場があります。
その周囲にはフェンスを取り付けてあるのですが、そこへ均等な間隔でのぼりを常に設置されています。

その店舗さんとは結構長いお付き合いなのですが、ずっと同じ場所へ同じサイズののぼりが設置されています。
のぼりって変わらないよね?
そんな話になりました。

店内装飾といえば、多種多様な装飾が入れ代わり立ち代わり店内を賑やかにしています。
が、屋外に目をやってみるとここ数年普遍的なのぼりが立っています。
あらためてのぼりの実用性の高さを考えさせられました。

ただ、のぼりは何も変わっていないかといえば、そうではありません。
サイズの多様化、型の多様化、そして素材の多用化。
傍目に見ると、そう大きな変化はないように感じるかもしれませんが、常に変化をしています。

今、注目なのが素材変化の1つ、ホログラム素材です。
ホログラム自体がのぼり以外の装飾にもいろいろと使用されており、よく目にする素材の1つにはなってきました。
このホログラム、屋外では日光に反射して、とにかく目立つ。
これまでのポンジ素材などと比べて見れば一目瞭然です。

次ののぼりは素材に変化をつけてみてはいかがですか?
訴求力抜群ですよ。

ホログラムのぼり | パチンコ装飾・スロット装飾のハンソク技

ページトップ