読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

Web広告を始める前に注意すること

f:id:yamato-ikeda:20160311203754p:plain
Webの目標設定と解析のサポーターの池田です。




Web広告を検討している方は、以下の情報を把握するようにしましょう。


①現在のアクセス数


②誘導先のユーザビリティに問題はないか


③現在の検索キーワード


ひとつずつ解説します。


①現在のアクセス数

これはWeb広告にかける予算のボリュームを測れます。

現在100アクセス/日 であれば、Web広告で5アクセス/日 を増やしても効果が見えるでしょうか?

10000アクセス/日 であれば、Web広告で100アクセス/日 を増やしても同様です。

現在のアクセス数を見て、一日のアクセス数を200に伸ばしたいのか、倍に増やしたいのか。その辺の判断をしましょう。


②誘導先のユーザビリティに問題はないか

Web広告を使うということは、アクセスをお金で買うという事です。

アクセスというのは、お店でいうと「来店」のようなもの。

来店した人にストレスを感じさせて、何も買わずに退店されるのを防ぎましょう。

レスポンシブやメールフォームなどに注意して、Web広告を始める前に、改善できることは改善しておきましょう。



③現在の検索キーワード

現在はどのような検索キーワードでアクセスされているかを把握します。

Web広告を出す際に、関連するけど検索上位に出ないキーワードと、関連して検索上位に出ているキーワードがあります。

関連して検索上位に出ているキーワードは、わざわざそのキーワードに対してWeb広告を使う必要があるか考えましょう。

必ずしも出さない方がいい訳ではありません。

Web広告では検索結果の表示文章を好きなように決められます。

よりインパクトのある文章で、クリック率を上げる事もできるでしょう。




上記のような事を踏まえた上でWeb広告を検討してみるといいでしょう。

関連ページ
yamato-agency.com

ページトップ