岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

秋の眠気

f:id:yamato-fujita:20161024142609j:plain

こんにちは。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

お昼は暖かく、日差しも秋になって落ち着いてきて…
特に昼食を食べた後は、とっても眠いですね…
昼休み中に睡眠をとったり、仕事中は適度に休息をとってはいるのですが、
さすが三大欲求睡眠欲、抗い難し、睡眠衝動…

皆さんも秋になって急に
「うとうと…」「ぼんやり…」「へとへと…」が増えてきていませんか?
実はこれ、ちゃんと理由があるみたいなんです。
今回はその理由について調べてみました。

眠い理由① 自律精神の乱れ

朝は寒い、昼は暖かい(暑いくらいの日もありますね)、夜は寒い…
など、秋は気温の上がり下がりがとても激しい季節です。
この温度変化により、自律神経がバランスを崩してしまうようなのですが、
そもそも自律神経とは何か…というと、胃、腸を動かし、血液を循環させたり…と、
常に生きていくために動いている器官を動かしている神経です。
でもかなりデリケートなので、温度変化などでも体調不良を起こしたり、
眠気に襲われがちになるようです。

これについては、対策として「気温に応じた温度管理をする」こと!
朝、寒い中を出勤するときは厚着をする!
昼は暑ければ上着を脱いだり窓を開けたりする!
夜は朝同様に厚着をして、しっかりお風呂で温まってから寝る!
時間によって緩やかに寒くなったり暑くなるのでなかなか面倒かもしれませんが、
これによって眠気が収まる可能性もあります!

眠い理由② うつになりがち

「どうしようもなくない?」と思いたくなりますが、
これにもちゃんと科学的な難しい理由が!
夏には長かった日照時間(日が昇ってる時間)が、秋になってぐんと減りました。
朝起きてもまだ暗いし、夕方になるとすぐ暗くなるし…
どんなに元気な人でも。日照時間が減ると脳内の「セロトニン」という、
やる気や幸福感を感じさせてくれる成分が減ってしまうそうです。
「天気程度で…」と思っちゃいますが、案外、寒い、暑いと似たような、
体に起こるどうしようもない現象みたいですね。

これは、セロトニンを増やす作用のある食べ物(バナナ、レバーなど)があるので、
そういうものを食事の時にしっかりとっておくことが必要なようです。


また、秋の夜長、眠れなくって睡眠不足になってしまう人は、
寝る前にホットミルクを飲んだり、PCやスマホをいじる時間を減らして
肩の力を抜いてリラックスする時間を作りましょう。睡眠の質が良くなるらしいです。
私は布団に入ったあと、誕生日のプレゼントで友達からもらった
マッサージクッション(15分で勝手に電源が切れる)を背中に置いて寝ています。
気づくと寝ているのでなかなかいい感じです。

皆さんも長いようで短い秋をじっくり起きて過ごせるよう、
また、風邪をひかないように気を付けましょう!

ページトップ