岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

楽にゃんで簡単な色の話

f:id:yamato-fujita:20160924172819j:plain

おはようございます。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

今回はこの楽にゃんのイラストを使って、色について少しだけご紹介します。



その前に、もしかしたら気になっている方もいるかもしれないので一応…

f:id:yamato-fujita:20160924170604j:plain

「前見た時となんか顔変わってない????」
と思われてる方、大正解です。



さて、色と言っても、私は学生時代に
色彩の勉強で習った範囲すらあまり覚えていないので、
「デザイナーに必要なセンスのある色彩~」というより
「子供でも何となくわかる!目で見て感じる色について」
といった感じの、「赤はあったかい」「青は寒い」のような
イメージについてのお話です。


まずはこちら
f:id:yamato-fujita:20160924172416j:plain

赤みの強い色を線の色にするだけで結構違って見えます。
なんとなく右のほうが温かみを感じますよね?


そもそも、色には「色相」というものがあります。
赤、緑、青、紫などの様相の違い、「色あい」のことです。

説明すると難しいのですが、色んな色の組み合わせ…みたいな感じです。

そして、この色を順序良く円に並べたものを「色相環」といいます。

f:id:yamato-fujita:20160924174325p:plain

並び順は違うものもありますが、大体こんな感じです。

ちなみにこれは何に使うのかというと、
例えばポスターの色塗りで
「暖かい感じのポスターを作りたい!
赤はメインカラーにしたい!」
と思い赤を使って、
別の色もパーツとして足すことになった場合、
「緑」や「黄」などと、「赤」の関係を見るのに使えます。

例えば、色相環を見ても分かるように、
「緑」は「赤」の真反対にいます。
これは「補色」という、お互いの色が相手の色を
もっとも目立たせることができるという効果のある関係です。
しかし、これらを使いすぎると目がちかちかして逆に見づらくなるのと、
色があまり温かみを感じないため、今回のようなポスターでは使用しません。
しかしスーパーなどでは購買意欲や食欲をそそるカラーなので、
一概に使い辛いとも言えない組み合わせでもあります。

逆に「黄」は、色相環でも「赤」と比較的近い位置にいる上、
温かみも感じられる色なのでよく一緒に使われています。
特売品!やおすすめ!みたいなアイコンでよく見る気がします。

このように、色の関係がわかると、
用途に合った色の組み合わせがしやすくなります。


さてさて話が飛んでしまいましたが、
上記の中で出てきた「温かみを感じる~」の話に戻ります。


f:id:yamato-fujita:20160924181536j:plain


色相環の並びでは、「暖色(温かみを感じる色)」と
「寒色(冷たさを感じる色)」に分かれていて、
さらにその間に「中間色(暖かくも冷たくもない色)」があります。
赤が暖色、青が寒色、緑と紫については中間色にあたります。

また、上記の色は「有彩色」といって、彩度のある色であり、
反対に黒や白、灰色はいわゆる「無彩色」になります。

f:id:yamato-fujita:20160927085725j:plain

右のように無彩色を使うことによって、全体的に引き締まったような印象が出ます。
左はすべて有彩色なので、ナチュラルな印象を与えることができます。


色はイラストやデザインに限らず、いろんなところで使用されているので
自分の服や持ち物の色がどのような印象、温度を与えるものなのかを
調べてみるのもいいかもしれませんね!

ページトップ