読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

つまずきながら『半歩が大切だ』と、北村森さんは言った!

こんばんは。
夏の終~わ~り~
夏の終~わ~り~には
ただあなたに会いたくなる映像ディレクターのヒサノブです。

www.youtube.com

先日、弊社のデジタル民族サイネ人ことミツさんと岡山商工会議所で、北村森さんのセミナーを受講してきました。
f:id:yamato-hisanobu:20160909210403p:plain

アメリカ人よろしく結果から申しますと、素晴らしい講演でした!
途中の休憩時間に北村森さんには、めちゃ勉強になります!めちゃおもろいっす!とお伝え出来たので良いのですが、企画してくださった(しかも無料で!)岡山商工会議所、並びに、ミツさんと僕を北村さんの元へ送り込んでくださった我がシャチョーに、この場をお借りして熱く御礼申し上げます。

今回の北村さんの講演に感激したのは、僕らだけではありませんでした。
会場の、北村さん登壇の際の拍手と、セミナー終了時の拍手の大きさの差が、それを一番物語っていました。

肝心の内容ですが、どこまで書いていいものかわからないので、詳しくは書きませんが、北村さんご自身が商品ジャーナリストと謳っている通り、様々な商品に対する、独自の足で稼いだ情報を、長年の経験を活かして丁寧に分析し解説するといったものでした。そこには未来へのヒントがたくさん含まれているように感じられました。
何よりも、北村森さんは、“商品を愛している”ということが、大きな体全体からオーラとして漂っていて、とにかく楽しそうに、とても大きな声で(もちマイクいらず)、商品片手に気持ち良さそうに舞ってました。

ところで愛はやはり盲目なのでしょうか?
北村さん、講演中にちょっとでも愛すべき商品たちを僕らに見せ触れさせるために、ステージを降りて歩き回られたため、2度も床を這ってるプロジェクターのコードにつまずき、よろめいてましたw
運営さんも、もちろん安全に気を配ってコードを配置していたと思うのですが、その予想を上回る商品愛ということなんだと思います。
北村さんは大声で運営さんに謝りつつ、テンションは益々上がってる様子でした。そして商品の話はサービスの話へと移りました。

そこで北村さんはホテルの朝食終了15分前におけるサービスの実例を上げ、僕たちにこう言いました。

「企業とお客、その両方の言い分が正しく、その言い分がぶつかる時、企業側が半歩、お客の方に歩み寄れるか、そこにその企業の真価が問われる」

僕も飲食店などで、オーダーストップギリギリに駆け込んで一悶着って経験があるので、非常に身近に感じる事例でした。

現在の自分の立場で言うと、映像の完パケ(業界用語です、要は納品物)を納めてすぐの修正依頼などがそれに当たるでしょうか?最近はPCのスペックも向上し、昔程ではありませんが、それでもたった一つのテロップの修正でも、また完パケを作り直すとなるとそれなりの時間がかかります。もちろんそうならないため、事前にお客さんとのチェックを重ねながら制作を進めていくのですが、お客さんが最後の最後にやっぱりこうしてっと意見を変える場合だってあります。そして何より、気持ちも作業も次の制作に向かっているところへの急ブレーキ、心への負担にもなります。

そこで半歩、お客さんに歩み寄れるか?

北村さんは、僕にそう投げかけてくれました。

北村さんは半歩どころか、一歩も二歩も僕らに歩み寄って来られました。
そのおかげで、つまずき、よろめいていましたが、その姿はとても気持ちよく清々しいものでした。

編集作業はPCの前でチョコチョコチョコチョコ、とても清々しいものとは言えません。
でもやはり好きなことなので、まぁつまずいてもえっか。っと思える、夏の終わりの今日この頃です。

ページトップ