読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

Googleアドワーズ最新情報広島20160906-ヤマト広告㈱

f:id:yamato-ikeda:20151022111053j:plain
Webの目標設定と解析のサポーターの池田です。

Googleアドワーズ活用している方、または興味がある方。


最近アドワーズのテキスト広告仕様が変わったので、チェックしておきましょう。


一定期間放置している人も絶対知っておくべきです。


Googleサイトから引用

以前のテキスト広告

最大文字数

(半角)
最大文字数

(全角*)
広告見出し: 25 文字 12 文字
表示 URL: 35 文字 17 文字
広告文 1: 35 文字 17 文字
広告文 2**: 35 文字 17 文字


最近開始された拡張テキスト広告

拡張テキスト広告と標準テキスト広告は、いくつかの重要な点で異なります。拡張テキスト広告の特徴は次のとおりです。

2 つの広告見出し(それぞれ最大全角 15(半角 30)文字)
1 つの広告文(最大全角 40(半角 80)文字)
1 つの表示 URL(最終ページ URL のドメインを使用)
広告の表示 URL に使う 2 つの「パス」項目(省略可。それぞれ最大全角 7(半角 15)文字)

簡単に言うと文字が多くなった、しかも見出しは倍以上テキスト量が増えたってことです。


今までアドワーズを出稿したことがある人は分かると思います。


「あと1文字入れられれば最高のキャッチになるのに・・・」


このパターンはよくあったと思います。


むしろ今までの文字数でそれがない方がおかしいです。


それがかなりテキスト量が増えたので、結構色々入ります。


文章力が試されますが。。。


ちなみに今までのテキスト広告はこのような扱いになります。

2016 年 10 月 26 日以降は、AdWords で標準テキスト広告を作成または編集できなくなります。それ以降にテキスト広告を新規作成する場合は、新しい拡張テキスト広告フォーマットの使用が必須となります。既存の標準テキスト広告の配信は、2016 年 10 月 26 日以降も継続されます。

この日を過ぎると、作成と編集ができるのは拡張テキスト広告のみになります。ただし、既存の標準テキスト広告は、拡張テキスト広告と併せて引き続き掲載されます。

どちらにしても拡張を使わない手はないので、早めに対応しておきましょう。

関連ページ
https://yamato-agency.com/business/webstrategy-marketing/

ページトップ