読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

ついにTVを超えたスマホ・PCメディア(Googleセミナーにて)

f:id:yamato-ugaki:20160610195017j:plain


こんにちは。
ユーザー視点からのUIを気にかけられる web制作の宇垣です。


6月3日Google主催セミナー「Google とオンライン マーケティングを学ぼう」で知ったのですが、現代人がメディアに触れる媒体として、いよいよスマートフォンやパソコンがTVを超えたみたいです。

f:id:yamato-ugaki:20160610195341j:plain

Google様の受け売りです。

その41.6%の中で
パソコン 56%
スマートフォン 44%

という、スマートフォンのすさまじい追い上げです。
(タブレットはどちらに属しているのでしょう)


コンピューター元年が1977年らしく、タブレット端末元年(スマホ元年)が2012年。
わずか4年にして一気に普及しました。


そもそも一般の人にインターネットという便利さが知れ渡っていなかった1977年に比べ、2012年はほとんどの人がインターネットの便利さ・Webサービスの豊富さを知っているという時代背景からも普及率が違うのでしょうか…。


生活している中でもインターネットは無くてはならないものになっていたと思います。

・予期せぬ問題への対処(道具が壊れた・体調が悪い・道がわからない・何かを知りたい)
・購入

上記の行動は日々の暮らしの中でわりとあると思うのですが、その場面に直面したとき、

・予期せぬ問題への対処…62%
・購入…82%

の確率で私達はインターネットに頼るそうです。


f:id:yamato-ugaki:20160610201622p:plain


家でのリラックスタイム、仕事、移動時間など圧倒的に生活の中でインターネットに触れる機会が増えた今、どのようにインターネットで商品をアピールしていくかがキモらしいです。


私は仕事でもパソコンを触りますので、計算したら18時間はインターネットと向き合っていました。
(もちろんTwitterやFacebookなどのSNSもあります)

検索画面・Webサイト・ブログ・動画サイト、そしてアプリ内まで広告は進出してきています。

特に、Googleの技術は進化して
興味のある人にだけ広告を出すこの地域の人にだけ広告を出す、なんていうのもできてしまうので地域ビジネスでもニッチ市場でも試してみる価値はありなのかもしれません。


こう考えると、Web広告はなかなか見落とせないポイントなのだと改めて実感しました。

ページトップ