読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

【WordPress】welcartプラグインの数量をボックスタイプへ。

f:id:yamato-ugaki:20160119174500j:plain


最近めっきりと寒くなって、布団から出るのが厳しい季節になりました。
私も置きてから朝ごはん、身だしなみ、出発までに何度仮眠を挟んでいるかわかりません。

なんと今日は今年初めての雪が降りました。
知り合いは前にも降ったと言っていましたが私にとっては初めての雪です。

実は主な交通手段が自転車な私ですが
寒すぎて外に出る気にならない…。

ほしいものがあっても通販で済ませてしまおうなんてこともザラです。

さて、そんな私ですが最近ECサイトの仕事をいただいています。


ECサイトってなに。

簡単に表せば「通販サイト」!

”EC”が何かも知らないままそんな認識で生きていました。

ECとは"electronic commerce"(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。

eコマースという名称も有名ですね。

WordPressに通販機能を追加出来るプラグイン「welcart」

www.welcart.com


無料なのにすごくたくさんの機能があるみたいです!

  • 会員制サイト
  • 在庫管理
  • ポイントシステム
  • クレジットカード設定
  • 配送システムの設定


しかしその分、管理ページもなかなか複雑…。

f:id:yamato-ugaki:20160119180625p:plain

あちこちに設定欄があって、どこに何があるかがさっぱりわからない状態。
2~3日、いじりまわしたらなんとなくわかってきましたが今頃になって発見する機能もあるのでまだまだ奥が深いようです。

商品の数量設定がまさかのテキスト入力

f:id:yamato-ugaki:20160119180813p:plain

商品をいくつカートへ入れるか。
このボタンがまさかのテキスト入力でした。

つまり、最初に「1」って書いてあるのを
わざわざ消して「5」に変えなければいけない。

これは不便だろうと思い、解決策を探してネットの波へと身を投げます。

しかしいくら探しても見つかりませんでした。
探し方が悪かったのでしょうか。

他の方が作っていらっしゃった、ボックスの前後に「-」と「+」の数量調節ボタンを設置する方法。
これでも機能的には問題無いのですが私はもっとシンプルに使いたかった。

目指すはこれ。
type="text"ではなくてtype="number"のinput

f:id:yamato-ugaki:20160119181310p:plain


ということで、無かったので諦めよう、というわけにもいかず…。
まさかこの機能がないとは思わなかったのでデザイン段階でこのデザインで提出しています。


ということで、泣く泣く自分でプラグインのソースコードを覗くことになりました。

functionファイルを書き換える。


※テンプレートファイルを書き換えるのはあまり推奨されていないみたいなので変更を加えるときは自己責任でお願いいたします。
(アップデートの時に、新しいファイルに上書きされるともとに戻ってしまう可能性もあるみたいです…)

探しても出てこなかったのでどうせなら書き残しておきます。
今回私が触ったファイルは


usc-e-shop > functions > template_func.php 705行目


f:id:yamato-ugaki:20160119182214p:plain

開発者ツールでクラス名「skuquantity」を発見してこれをファイルの中で検索をかけた箇所を変更したら変わりました。

オレンジの箇所を検索して、赤とオレンジの枠内の「text」を「number」に変更します。
するとこのスピンボックス型のインプットになりました。

解決!

完成したのはこちら。

f:id:yamato-ugaki:20160119182656p:plain


他にもカートの中の数量インプットなどもこの方法で直ります。




他に探している方の参考になればいいなと思いつつ
私は更にwelcartさんとの交流を深めていきます。

ページトップ