岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

どういうときに救急車って呼ぶべき?なにを伝えたらいいの?

f:id:yamato-yamamura:20151210144029j:plain

救急車を便利屋さん代わりに呼びつける輩がいるそうですね。

こういう人たちがいるから
本当に必要な患者さんのところに出動できないんですよ、まったく。

少々愚痴っぽくなってしまいましたが、
最近救急車にお世話になることがあったので。
(私が救急車で運ばれたわけではないのでご安心をば)

救急車ってどんなときに呼ぶの?

じゃあ一体全体、
どういうときに救急車を呼べばいいのさ?!

たったこれだけの事態で呼んでもいいの?
なんて戸惑ってしまいますよね。

以下の事態の時には迷わず呼びましょう。

  • 突然倒れた
  • 突然の全身・または半身麻痺
  • 大怪我や大量の出血
  • 呼吸困難
  • 自分一人で立てないほどめまいがする・吐き気がする

これらの症状があるのに
「まあこれくらいだったら…」とほったらかしていると
それこそ生命に関わるので、迷わず救急車を呼びましょう!

119番に電話をかけたら何を聞かれるの?

  • 火事ですか?救急ですか?
  • 住所は?(正確な住所がわからない場合は目印になるものを伝えて下さい)
  • 患者の状態・情報(性別、症状)
  • 電話をかけている人の情報(名前など)

救急車に乗り込むときは何を持って行ったらいい?

  • かかりつけの病院の診察券
  • 保険証
  • 処方されている薬が在れば薬と、薬の情報が書かれているお薬手帳
  • 靴(素足の場合)


どうでしょうか?

テレビなどで見ていて予備知識があっても、
いざ自分がその場にいて通報するとなると
気が動転してうまく物事を伝えられないものです。

緊急時こそ
まずは患者さんのために落ちついて、冷静に
伝えるべき情報をしっかり正確に伝えましょう。

ページトップ