読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

【WordPress】『Contact Form DB』で1分で簡単にリストをつくる。

Web-WordPress Web

f:id:yamato-ugaki:20151015191535j:plain

お申し込みフォームを設置したのはいいけど
いざお申し込みがあったときに
ユーザーの管理が大変……と思ったことはありませんか?

そんな時に便利なのが
『Contact Form DB』です。

ja.wordpress.org


フォームから送信された情報を自動で取得して
リスト化してまとめてくれます。


対応しているフォームプラグインも
公式サイトに記載されています。

JetPack Contact Form plugin
Contact Form 7 (CF7) plugin
Fast Secure Contact Form (FSCF) plugin
Gravity Forms plugin
WR ContactForm plugin
Quform plugin (BETA)
Ninja Forms plugin (BETA)
Caldera Forms plugin (BETA)
Enfold theme forms


リストのサンプルはこちら。
f:id:yamato-ugaki:20151015193329j:plain


そして何より助かるのが
スプレッドシートやSCVやHTMLで出力もできます!


私が今回利用したのは
Contact Form 7です。



1分で出来る『Contact Form DB』の使い方

①WordPressにインポートします。

②有効化します。



以上です。


それだけで、きっちりしたリストがつくれてしまいます。
複雑なコードを書く必要がなく簡単。


リストの見方

リストの見方も直感でわかるのではないでしょうか?

お名前 [text* name] と記述しているので
inputのname部分が、リストの見出し部分に
表示されます。


フォームが複数ある場合でも
きちんとフォーム別に管理されますので
・お問い合わせフォーム
・申し込みフォーム
など分かれていても便利です。


もしフォームプラグインを入れているのに
グレーの画面で

「このプラグインは、この両方のプラグインからデータを記録することができます Contact Form 7, Fast Secure Contact Form, JetPack Contact Form」

と表示されていたら
設定画面の右上にある
「フォームを選択」というプルダウンを
開いてみてください。

リストでみたいフォームを
選べばそれが表示されます。

出力方法

リストの上部中央にあるプルダウンで
選ぶことができます。

ショートコードを固定ページに貼り付けると
リストが表示できるみたいです。

ホームページの
「お客様の声」や「掲示板」に
使えるのかもしれませんね!

f:id:yamato-ugaki:20151015194224p:plain



以上、『Contact Form DB』の紹介でした。

本当に簡単なので
ぜひとも使ってみてください。




11/11(水)NJE理論ブログセミナー開催!
↓↓詳しくはこちら↓↓
NJE理論ブログセミナー初級編

ページトップ