岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

「プロは一発目で摂りにいかない」

こんばんは。
今回も土井英司さんのCDをご紹介します。

エリエスブランド人フォーラム2009
「愛され続けるブランド人の秘密」

f:id:yamato-hisanobu:20180201220120j:plain

土井英司さん、中谷彰宏(なかたに・あきひろ)さん、浅野ヨシオ(あさの・よしお)さんによるパネルディスカッションをおさめたCDです。

2009年収録とのことですが、それは、2018年の今聞いても全く古びた感じもせず、かといってこのディスカッションが例えば1990年代に行われたと言われても何の違和感もないような、つまり普遍的で面白くて大切なことが、活き活きと語られている内容でした。

f:id:yamato-hisanobu:20180201223634j:plain

冒頭のプロUFOキャッチャー土井英司さんのぬいぐるみを取るコツ話から始まり、モテ論、出版論、編集者との付き合い方など、話題は伸び伸びと広がりぎゅーっと凝縮し、ずんずん転がり、あっという間に2時間程の内容を聞き終えてしまいました。

中でも僕がうーんと唸ったのは、

土井さんの、
「なぜ、何冊も本を出しながらネタ切れしないのか?」
との質問に中谷さんが答えた場面。

「今目の前にたった一人いる人とのキャッチボールだから。
その人の課題、その人の悩みに全て答えていってるだけだから、相手からドンドンでてくるから」

とのこと。
不特定多数の人に向けて本は書かない。
目の前の一人に向かって本を書いてる感覚を大切にしている。
と言われる中谷さんがベストセラーを数多く残している事実。

これは、僕らの仕事にも当てはまる、とっても大事な感覚だと思いました。

やるべきことは全て、お客さんがドンドン与えてくれる。

手間暇かかる大切なことを見失うと効率は何をしても悪くなるだけ

こんなパラドックスがとっても面白いんです!

冒頭の土井さんのUFOキャッチャーの極意が身にしみます。

「プロは一発目で摂りにいかない」
f:id:yamato-hisanobu:20180201223558j:plain

インターネットはビレッジへ

こんばんは。
今回も前回に引き続き土井英司さんのビジネスブックマラソンLIVEのご紹介です。

f:id:yamato-hisanobu:20180128001654j:plain

今回は、「何かを始める人が知っておきたい マインド&スキル」というお題で、ゲストに音楽雑誌「ロッキング・オン」創刊メンバーの橘川幸夫さんと、Amazon.com日本法人創設者 西野伸一郎さんを迎えてのトークセッションでした。

二人ともエネルギーに満ち溢れ、愉快な話が面白かったですが、個人的には、ジェフ・ベゾス(Amazon.com創設者)さんの話が印象的で、ちょっとジェフさんの本も読みたいな、と思った次第です。
もちろんアマゾンで。

そして、今回心に強く残ったのは土井さんの2つの言葉でした。

1つは、新事業の躍進する条件について、それは2つのパターンしかないということ。
・好きなことひたすらやってたらイノベーション生まれちゃったってパターン
・今は赤字でも計画がきちんとあって何年か続ければ採算がとれるパターン

共通項は今はそんなに儲かってないよってこと。だからこそ躍進できるんです!って言葉が、そりゃそうだと納得しました。

もうひとつ、今後の時代感について、中央集権型でない今話題の仮想通貨の話など交えつつ、土井さんが語った言葉が、自分にとっては新しい視点で刺激的でした。


それは、
インターネットの本質は多分、お金を生まない方向へ向かう。といった言葉でした。

例えば僕が家族や友人などに、写真や動画を頼まれて、お金を請求出来ない、しないように、仲の良い人には、基本的に、人は自分の技術や時間を奉仕する。

インターネットは全ての人がつながり仲良くなる方向へ向かっているので、いずれ現在のお金の流れは無くなるのではないか?
そういった視点でした。

他人が共存するCITYではなく、大きなVILLAGEとなる。
そんな世の中になっていくんでしょうか?

f:id:yamato-hisanobu:20180128001717j:plain

こんな話は面白いですね。
とても良い刺激を頂ける土井英司さんのビジネス・ブックマラソンLIVE、おすすめです!

小田全宏氏 アクティブ夢講座『玩具コレクター 北原照久氏』

今回私は小田全宏氏の『アクティブ夢講座』を視聴しました。
これは夢の実現のためのヒントをそれぞれの分野におけるスペシャリストやパイオニアから学ぶラジオ講座です。
夢を叶えたゲストからスタート地点からゴールまでのプロセスを聞き、そこから新たな気づきや勇気を発信する講座です。

今回のゲストは「玩具コレクター 北原照久氏」です。
『開運!なんでも鑑定団』でお馴染みのおもちゃコレクターの方です。

今回の内容は北原氏の『思ったことはなんでも実現できる。』という話から人生観まで述べられています。
ちなみに北原氏の願いだった
・加山雄三さんに会いたい。
・吉永小百合さんに会いたい。
・海辺に家を持ちたい。
・おもちゃ博物館を作りたい。
こういった願い、夢は北原氏が60歳の時に全て叶ったそうです。
中には20歳ころの夢もあり、実現まで40年かかったものもありました。

こういった経験から『夢は思い続ければ必ず実現できる。』と確信できるようになったそうです。

しかし、夢を思い続けることは難しいことです。北原氏が影響受けた人物が高校当時の担任の先生だそうです。
先生は常々「言葉には力がある。」「やればできる。」と教えてくださったそうです。

物事をできない理由を他人のせいにする人がいますが、それは結局できない人です。
今、自分が大変な状況なのは、他人のせいにするのではなく、この状況が自分自身の中でのクライマックスだから。
そう考えるそうです。

北原氏の言う「ツキの十箇条」がとても印象的でした。
北原氏は周囲の人から「運が良い。」とよく言われるそうですが、「運が良い。」のではなく『運が良いことをしている。』のだそうです。
それが以下の十箇条です。
1、プラス発想。
2、勉強好き。
3、素直。(聞く耳をもつ)
4、感心する。
5、感動する。
6、感謝する。
7、ツイてると付き合う。
8、親孝行をする。
9、相手を褒める。
10、ツイてると思えばいい。

特に「感心」「感動」「感謝」を『三感王』と呼び、非常に大事にされてるということです。

北原氏の次に夢は「70歳までに宇宙へ行く。」のだそうです。

ページトップ