岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

最上稲荷、ふらっと全天球大鳥居

こんにちは、今月に入ってもう何千回転したかもわからない程、日々360度カメラ片手に奮闘しているディレクターのヒサノブです。

本日も回転しながら岡山を動き回ってたら、視界の端に最上稲荷の大鳥居がチラッとみえたので、ふらっとパシャリしてみました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

どうでしょう?
マウスや指でグルグル回してみてください。

これはシータさんの埋め込みなんですが、表示をどこから始めるかは投稿側に設定できない仕組みになっています。
なんか色々すれば出来るみたいですが…

僕は、

f:id:yamato-hisanobu:20170314212240p:plain

ここから始めたかったんです…
このズドーン感が欲しかったんです…

グーグルさんならそんな僕のわがままも、もちろん聞いてくれるのに…

といってもこんなにお手軽に、ふらっと全天球写真を楽しませてくれるシータさん、やっぱり素敵だと思っています。

まじで。



それにしても…

f:id:yamato-hisanobu:20170314213130j:plain

鳥居の柱が…

f:id:yamato-hisanobu:20170314213413j:plain

で、でかすぎて…

ドラム缶みたいだなと…



そんなこと思ったら何かバチでも当たりそうなんで、
いやいや、あれは鳥居!っと自分に言い聞かせましたが…

やはりドラム缶にしか…

そこからマリオが出てくるイメージしか浮かばない…





ええ加減にせんと、仕事の合間に何やっとんじゃい!っと各方面から突っ込まれそうなので、ブログ上ではこの辺にで。


また明日も回転は続きます。
ドラム缶なし。
ワープなし。

地道に回ります!

それでは!

【CSS】背景で吹き出しを作成する

f:id:yamato-ugaki:20170313200626j:plain

こんばんは。
Webコーダーの宇垣です。


たまにWebデザインとして上がってくる、吹き出しについて。

f:id:yamato-ugaki:20170313200703j:plain

単色だと、CSSの擬似クラスbeforeとafterを使えば実装可能なソースはネット上にあります。

いつも参考にさせていただいています。
【5パターン】画像を使わず CSS3 のみで作れる吹き出しを作ってみた – Pure CSS3 Balloons | Stronghold Archive


今回は、画像を使わないと難しい吹き出しについて切り分けてみました。

f:id:yamato-ugaki:20170313203221j:plain

背景画像は3枚重ねます。
スライスツールで1番上のパーツ、1番下のパーツ、繰り返し用のパーツでわけます。
注意する点は、吹き出し部分の背景部分は透過しないでください。

それとボーダーやドットの場合、繰り返し用のパーツも繰り返しが不自然にならない高さで切り抜きます。

f:id:yamato-ugaki:20170313203529j:plain
濃いピンクの位置を見るとこの部分が妥当だと思われます。




f:id:yamato-ugaki:20170313204820j:plain

.bg{ 
background:url(bg_01.gif)no-repeat top center,
          url(bg_03.gif)no-repeat bottom center,
          url(bg_02.gif)repeat-y top center;
}

背景を3階層重ね、中心部分を繰り返し指定にすることで、中にあるテキストの長さが伸びたり、レスポンシブ対応で改行が増えてコンテンツの高さがが変わった時にも柔軟に対応してくれます。

入院生活と看護師さん

f:id:yamato-fujita:20170310103304j:plain
おはようございます。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

前回手の骨折のお話をした通り、
両手をうっかり骨折、また腱も切れてしまったので、
12月くらいに入院していました。


両手を骨折して困ったのがそう、一般生活です。
なので、手がとりあえず動くようになるまでは病院で
お世話をしていただくことになったのですが…

まさかのお風呂も介助がないとできない状態!

とはいえ「ひとりでできるもん」とも言えない現状、
照れも抵抗も無意味と決心し、ここは童心に戻り
全自動で体を洗ってもらえる現状に感謝しようと、
大人しく看護師さんに洗ってもらいました。


入院生活は手が使えないため大好きなゲームも満足にできず、
また、部屋数の関係でずっと個室だったため、誰とも話せずかなり暇。
しかしそんな時間の中、看護師さんは唯一の癒しでした。

看護師さんたちって本当にプロだなと思ったのが、
医療や介助に関してはもちろんですが、
本当に話し上手だなと思ったところです。

食べることも一人でできなかったので、食事中などもお話したのですが、
最近のニュースの話や、仕事の話、テレビの話など、
どの分野の話でもしっかり聞いてくれて、話してる間だけでも
初対面なのに友達と話しているような楽しさを感じました。


特に一番嬉しかったのが、
看護師さんが休暇をとるときにいつも挨拶をしに来てくれること。

少し寝坊をして、いつもより遅く朝ご飯を食べ終わった後に、
いつも仲良くしてくれる看護師さんが、急いで来たような状態で
「今日から数日お休みもらってるから、また来週ね!」
と挨拶をしに来てくれたのですが、

その後、親戚のおじさんが自身の診察と一緒にお見舞いに来てくれた時に、
「花を買いに行くのに下の階までエレベーターで移動してるときに
看護師さんも何人か一緒に乗ってたんだけど、一人の看護師さんが
『藤田さんにあいさつして来るの忘れてた!』
って言って慌ててエレベーター降りていったよ」
と教えてくれました。

私が寝坊していたので朝は声をかけれなかったようなのですが、
帰る直前に、割と高い階にある私の病室まで
慌てて戻ってきてくれたことがとても嬉しくて、
親戚のおじさんも
「心配したてたけど、病院の人とも仲良くしてるようで安心した」
と言ってくれました。


入院するのは(怪我したことも含めて)あまりいいことではないのですが、
なんだか心が温まるような場所だったなと今でもほんわかします。
そしてサービスのプロというのはこういうことなんだろうなと
仕事的にもとても関心を持った入院生活でした。



ちなみに入院中一番最初に聞いた衝撃的なニュースは成宮君の引退です。
個人的に一番ショックですが、録画した成宮君出演のドラマを見ながら
今後テレビに戻ってきてくれるのを待ってます…

ページトップ