岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

ロゴを考える

f:id:yamato-fujita:20180222143427j:plain
こんにちは。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

前回は文字のデザイン、「フォント」の話をさせていただいたのですが、
今回はそれも含めた、「ロゴ」のお話です。

そもそもロゴって何?

ロゴとは、よく見かける会社名の「文字」を
独自にデザイン、加工しているもののことを指します。
こちらの会社のロゴでいう
f:id:yamato-fujita:20180222150337p:plain
こちら側ですね。
じゃあ左にあるマークって何?となるのですが、
こちらも一応「ロゴ」なのです。

といっても、それぞれに呼び方は違い、
文字は「ロゴタイプ」、マークは「シンボルマーク」と言い、
二つ合わせて「ロゴマーク」というみたいです。
f:id:yamato-fujita:20180222151659p:plain

ちなみに、この「ロゴマーク」は英語を組み合わせた和製英語ですが、
英語で使われている「ロゴマーク」は
「シンボルマーク」のみを示すようです。
仕事上でもなかなか定義がややこしいロゴですが、
念のため呼び方を知っておくと制作時の
指示の際に役立ちますね!

ロゴの基礎知識

一般的に言われているのは、
C.I(コーポレート・アイデンティティ)」というものです。
C.Iとは、企業文化を構築して、特性、独自性を統一された
イメージやデザインのことで、例えば青い鳥ならTwitter、
緑地にふきだしならLINEなど、社会に発信、共有することで
会社自体の存在価値を高める企業戦略のひとつです。

C.Iを構成する3つの要素

M.I(マインド・アイデンティティ)

C.Iの根幹であり、企業やブランドの理念や精神を統一していくもの。

B.I(ビヘイビア・アイデンティティ)

企業やブランドがM.Iを基として、実際どのような行動、
態度をとるのかを統一したもの。

V.I(ヴィジュアル・アイデンティティ)

M.IとB.Iを一つの視覚的なヴィジュアルとして統一していくもの。
先述の「ロゴ」のこと。

これだけ見るとM.IとB.Iはロゴと直接関係ないように思えますが、
ロゴを作るうえではこの二つを意識することが必須です。
何故かというと、見た目だけでなくその企業の理念、精神を適切に
表現すること
が、制作する中で最も必要なことになってくるためです。

ロゴを作る際に必要な「形」の基礎知識

ロゴデザインをするにあたって、以下の形態の中から
C.Iを考慮したうえで、適したものを選ぶことが大切になってきます。

黄金比

1:1,618(近似値)の比率のことです。植物の葉、巻貝などの
自然界のものにもこの比率が使われており、
ピラミッド、パルテノン神殿などもこの比率なんだとか。
日ごろよく見るたばこのパッケージ、クレジットカード、名刺も同様で、
有名なものだとipodクラシックやテレビなどにも使われています。
一番感覚として均整の取れた美しい比率なので、
デザインする際の指標として使うのがおすすめされています。

シンメトリー

二等分した垂線によって左右の形が合同になる形。
安定感、安心感、平和などの象徴として使用されることが多く、
薬局、訪問介護、建築関係など信頼、安心感を与えるイメージを
持たせたいときに、会社名などで使用されています。

アシンメトリー

左右非対称な形。ヘアスタイルなどでも流行りましたね。
流動性、動き、躍動感をイメージさせることができるため、
イベントなどの空間デザイン施工会社、学習塾、雑貨、ベビー用品など
躍動感、流動性をイメージさせるときに使用されています。

幾何学形態

〇や△、□などの数学的な原理や法則で作られている形で、
明快でシャープなイメージを与えることができます。
トイレの男女マークなどのピクトグラムなどによく使われており、
新鮮さ、ユニークさなどは与えづらいようです。
IT会社、不動産会社、クラウドファインディングサイトなど
クールさ、シャープさ、グローバルなどを狙い使用されています。

オーガニック形態

数学的な規則に縛られない自然な形。
人間的な感情や温かみ、親しみやすさを表現するのに用いられることが多く、
カフェやサロン、女性向けの花屋などのサイトなどに使用されています。

ロゴ制作の順序

モチーフの抽出

企業、ブランドの理念、行動指標を踏まえたうえでモチーフとなる言葉、形を抽出します。
かわいさやかっこよさなど、見た目のイメージのみで決めない、
中身のあるロゴにするために一番重要な作業になります。

2.モチーフの表現方法の選択

モチーフとなる言葉、形を、どのような形態で表現するのかを考えます。
誠実さ、温かみ、シャープさなど、
企業に適したイメージを選択することが重要です。

3. 実用に向けての確認

看板、ポスター、名刺などのサイズの変化があっても
きちんと視認できる形かどうかを確認します。


また、デザイナーはロゴを提案する際に、
そのデザインになった理由、コンセプトをクライアントに
分かりやすく説明することが大切です。

もし自社のロゴの制作をする場合は、
C.Iを会社内で考えて、思い入れのあるロゴを作りましょう!

小田全宏氏 アクティブ夢講座『作家 浅見帆帆子氏』

今回私は小田全宏氏の『アクティブ夢講座』を視聴しました。
これは夢の実現のためのヒントをそれぞれの分野におけるスペシャリストやパイオニアから学ぶラジオ講座です。
夢を叶えたゲストからスタート地点からゴールまでのプロセスを聞き、そこから新たな気づきや勇気を発信する講座です。

今回のゲストは「作家 浅見帆帆子氏」です。
私は初めて浅見さんのお名前を知ったのですが、「あなたは絶対!運がいい。」という著書がベストセラーなんだそうです。

今回の内容は浅見氏がなぜ作家になったのか、またどういう考え方で人生を歩まれているか語っていらっしゃいます。
大学卒業後、ロンドンへ留学し、インテリアデザインの勉強をされました。
帰国後、インテリアデザインの仕事のつながりから某出版者の社長さんと仲良くなり、浅見氏の考え方に共感され、それを自社で出版してはどうか?というのが最初だそうです。
ですから最初から作家を目指していたのではないのだそうです。

その内容とは「運」(夢)とはです。
イメージがしっかりしていて目の前のことを一生懸命やっていると、自然と運が拓かれ、夢は叶う。
無理やり自分で方法を考えるのではなく、そのイメージのまま、今日目の前のことを全力でやる。

「一生懸命にやる」とは、その事柄自体を楽しむこと。楽しめない事柄はプラス思考で乗り切る。
『しなくちゃ。』の意識を『~しよう。』へ変える。そのほうが自分が楽しくなるから。

もう1つ「直感を大事にすること。」
直感とは日常「ふっと感じる本音。」だそうです。
AとBの2者選択の場合、周りは全てAを推しても、自分気持ちがのBならそれに従うべき。

今回視聴して私が感じたことは、人生は選択の連続だということを改めて感じました。
確かに自分の直感を信じることが最良の選択であると思います。
嫌々やる事柄はやはり嫌のまま。それが好きに転じることはほとんどないのではないでしょうか?
仕事に置き換えてみますと、自分のやりたかったことをそのまま職業としている人は少ないと思います。
だけど、生活のためには仕事をしないといけない。
仕事の中に自分の好きなことや得意なことをどれだけ見つけることができるか。
それが大事なんだと思います。

ただ、生きていますと不意に「運がいいな。」と感じる場面に程度の差はあれ出くわすことが少なくありません。
これが浅見氏の言う「運が拓けた」瞬間なのかもしれません。

フォントとデザイン

f:id:yamato-fujita:20180208091933j:plain

おはようございます。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

最近は岡山にも雪が降るようになって
急に寒くなる日が多くなってきましたね。
急激な温度変化で体調が崩れないようにしましょう!

今回はデザイン上で欠かせない
文字の様々な形、「フォント」の話です。

フォントの使いどころ

本、チラシ、ポスター、メールなど、ネット上でも欠かせない
日常生活の情報の伝達手段の大半が文字です。
スーパーのチラシを見てみると
「セール」「大安売り」などの文字と、
商品名、価格の文字はそれぞれ違うかと思います。

f:id:yamato-fujita:20180208105616j:plain

これはそれぞれの役割に合った「フォント」が選ばれていて、
色やふちなどもそれぞれ違います。

また、フォントを変えることで
このように雰囲気を変えることもできます。

f:id:yamato-fujita:20180208110754j:plain

ゴシック体と明朝体

また、最初の画像は「ゴシック体
二つ目は「明朝体」を使用していて、
この二つはそれぞれに特徴があります。

ゴシック体

f:id:yamato-fujita:20180208114147j:plain
うろこ(書くときの始まりのかくっとした部分)や
はらいなどがなく、線が均一になっている。
タイトル、見出しなど内容を強調したいときに主に使用される。
近代的、ポップ、強いなどのイメージで使われる。

明朝体

f:id:yamato-fujita:20180208114201j:plain
うろこ、はらいがあり、文字を書いたときの筆の動きが見える。
可読性が高く、書籍の門文書体として使われている。
伝統的、静かなイメージで使われる。
なので、どのデザインも
フォントを考えて作られています。

和文フォントと欧文フォント

そもそもフォントは大きく分けて
和文フォント」と「欧文フォント」の2種類あり、
それぞれその名の通り、日本語に対応したフォント、
英数字にのみ対応したフォント
という特徴を持っています。

例えば先ほどのスーパーのチラシのフォントは

f:id:yamato-fujita:20180208112314j:plain

このように使い分けています。
また、同じ和文、欧文フォントでも
種類や線の太さによって
その文字の持つインパクトやイメージが変わります。
そのためデザインの中では
伝える情報によって適切なフォントを選ぶ能力
重要になってきます。

文字のウェイトと見出し

ほとんどのフォントには、ファミリーという
少しずつ線の太さ(ウェイト)の違うフォントが
用意されています。

f:id:yamato-fujita:20180208121529j:plain

これはデザイン上で同じフォントを使用して
統一感を出しながらも、それぞれに
「大見出し(タイトル)」「中見出し」「小見出し」
とインパクトに順位を付けたい時にとても有効です。

また、サイズの違いと組み合わせることで
さらにわかりやすくなります。

ちなみにこのブログでも

大見出し

中見出し

小見出し

本文

で差が付けられますね。
見やすさも変わるので、どのサイトも
文字のウェイトや大きさは注意して
デザインされているような気がします。

文字の行間と字間

文字と文字の間は「字間」、行の間は「行間」といて
デザイン上ではこれらを調整するのも大切です。

f:id:yamato-fujita:20180208123530j:plain

字間、行間をゆったりとっていると
一文字一文字が見やすく、読みやすいですが
あまりに範囲が広いと
小説などの長文では読みづらくなります。

f:id:yamato-fujita:20180208123541j:plain

逆に字間、行間を詰めると
長文としては読みやすくなるのですが、
大きい見出しなどだと、読みづらくなってしまいます。



デザインではこれらの特徴を理解して
文字やフォントを選び、適切な箇所に
適切な表現方法を使用した文字を配置することが
一番に求められます。

また、日常生活の中でも書類制作などにも役立つので
是非覚えておいて損はないかと思います!

ページトップ