読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の広告パートナー ヤマト広告ブログリレー

岡山・広島エリアで広告の制作・コンサルティングを提供するヤマト広告のブログリレー。

ヤマト広告ブログリレー
岡山・広島を中心に活動する広告制作・広告パートナー。
デザインやホームページ制作、折込チラシやテレビCMなど販促物や媒体出稿、
リスティング広告などSEMやSEOなどWebマーケティング全般。

ウェーブフラッグの再来。

パチンコ パチンコ-パチンコデザイン パチンコ-パチンコ装飾

f:id:yamato-nishii:20160923195258j:plain
f:id:yamato-nishii:20160923195307j:plain

こんにちは。新しい販促商材を常に提案し続ける営業マン 西井です。

季節柄リニューアル、リフレッシュをお考えの店舗様多いんじゃないかと思います
先日もリニューアルをお考えの店長と打ち合わせをしておりましたが、フラッグ系って意外と悩むんですよね。
ベタな三角から変形まで。種類でいえば装飾の中でも一番多いんじゃないでしょうか。
その中で話に出てきたのがこのウェーブフラッグです。
たしか数年前に流行った?型で、どの店舗でも使われていました。
ここ最近ではあまり見かけないのですが、話のついでに出てきたウェーブフラッグが今では逆に新鮮に感じるようです。

全館すべて同じ型にするのではなく、機種別や、レート別でフラッグの型変化をつけるのもオススメです。

【サイズ】
W500㎜×H415㎜
ポンジ生地 両面可

【価格】

A:10枚~ 1,200円
B:10枚~ 1,300円
C:10枚~ 1,300円
D:10枚~ 1,500円

上記は1枚あたりの単価です。

※デザイン代、送料は別途です。

※価格は税別です

ウェーブフラッグ | パチンコ装飾・スロット装飾・販促のハンソク技

デジタルサイネージの活用法

またまた一週間ぶりの
こんにちは!ミツです。



さてみなさん、テレビのCMって
どうですか?



邪魔でしょうがないですよね・・・。
CMのあいだはトイレタイムと
化していますよね。



むかしはもっとほっこりしたり、
おもしろいCMが多くなかったですか?



特にわたしのお気に入りはコレ!
      ↓
www.youtube.com画質の古さが歴史を感じます(汗)



タバコ「キャスターマイルド」の
CMです。



BGM、ギルバート・オサリバンの
「ラフター・イン・ザ・レイン」が
非常にマッチしています。



「キャスタマイルドノコリ2ホンヤカラ
カイニイク」



CM見て友達にポケベル打った記憶が
よみがえる・・・(笑)



キャスターシリーズのCMは
秀逸なものが多いのです。
まるで映画のワンシーンのような。



このようなほとんどイメージ的な
映像のCMは、商品がタバコだから
できた技です。



とにかく綺麗な映像流して、
カッコいい俳優にタバコ吸わせときゃ
成り立ちますwww



限られたCMの秒数の中で
表現できることは非常に
限られています。



先日、「最高の広告は店頭にあり」
という内容の個人ブログを
書いたのですが、
yamato-signage.com



店頭のデジタルサイネージ広告
なら、時間にとらわれず
あなただけのオリジナルCMが
流せます。



伝えたいことを思いっきり
伝えられる。そんなCMを
作ってみませんか?



人間臭さバリバリのミツが
あなたと一緒に真剣に考えます!



そしてヤマトサイネージのほこる
最強の映像ディレクター、ヒサノブが
感動の映像をご提供します!



そう、まるで映画のワンシーン
のような・・・



今日はここまで。
また来週のお楽しみ!



さて淀川さん、お別れの挨拶を
お願いします!
www.youtube.com(笑)

古墳で夢見る遥かなる伽藍

ライフハック-暮らしのヒント

こんばんは。

縄文土器、弥生土器
どっちが好き?

やっぱ縄文土器がカッチョ良くて好きかな…
でもドキドキ興奮するのは、やっぱ須恵器かな?の映像ディレクター、ヒサノブです。
www.youtube.com

先日、岡山県赤磐市で開催されている「あかいわART RALLY 2016」に行って参りました。
今回はチラシだけで心を鷲掴みにされたプロジェクトがあったので、雨など一向に気にせず現場へ向かいました。

そのプロジェクトとは何と…
『両宮山古墳の20分の1のスケールの古墳を実際に作る』というド直球のフルアートです!

両宮山古墳とは、県外はおろか、県内でもほとんど誰にも見向きもされない巨大古墳です。
県内3位、日本39位という、とても慎み深い、巨大古墳です。

はい、仁徳天皇陵(日本1位、世界でも一番大きなお墓:堺市)
f:id:yamato-hisanobu:20160920184703j:plain
はい、造山古墳(日本4位、岡山1位、築造された当時は日本一!:岡山市)
f:id:yamato-hisanobu:20160920185449j:plain
そして両宮山古墳(同じスケールだと、ちっこく見えるがな…:赤磐市)
f:id:yamato-hisanobu:20160920185706j:plain

これじゃ伝わらんす…ほれっ!
f:id:yamato-hisanobu:20160920185845j:plain

どうですかね?民家と比べて巨大古墳ってことは納得してもらえたでしょうか?

納得できないですか?
ほいじゃこれはどうですか?
f:id:yamato-hisanobu:20160920190821j:plain

これが今回の一大プロジェクト!!
20分の1の両宮山古墳です!!
人と比較して下さい、この土の古墳の20倍です!!
うん、デカいですね!巨大ですね!
そして写真の奥のこんもりした森が、実際の両宮山古墳です。

現場には、赤磐市の職員さんと、ボランティアの方がいらっしゃいました。
職員さんが解説してくださるとのことで、一緒にミニ古墳に向かいました。
ミニ古墳の前で、僕が「おおおおおお」と感嘆の声を上げると、
職員さんは「まあ、アートっていうのは違うかも知れないですが…」
とか言われたので、
「完全にアートです!」
と間髪入れずに返すと、ちょっと驚いた後、ニタっとされてました。
そして解説はミニ古墳の上で行われました。
f:id:yamato-hisanobu:20160920192558j:plain
それはそれは、情熱的な解説でした。
職員さんの古墳へ対する慎み深くも熱き想いが、ひたひたと伝わってきて、
僕はますます両宮山古墳が好きになりました。

・出土品がないという謎
・備前一の規模
・吉備の衰退との因果関係
・周辺の古墳群の存在
・九州との交流

解説の途中で、「謎が多いですねぇ、謎だらけですねぇ」と僕は言いました。
職員さんそれに対してこう言いました。




「それがロマンです」




来て良かった。





僕はその時そう思ったのですが、
そう思うにはまだまだ早かったです。

職員さんの解説は続きます。
それは、今、我々が立っている、ココについてでした。

職員さん
『ミニ古墳が作られたここは、かつての備前国分寺跡です。
国分寺は、聖武天皇が、741年(天平13年)に仏教による国家鎮護のために命じて全国に作らせた寺院で、
聖武天皇は「国分寺建立の詔」の中で、国分寺は、必ずよい場所を選んで建てなさいと言っています。
そして、備前でそこに選ばれたのは、両宮山古墳のすぐ横のココでした。
古墳を作らせたかつての王様なり豪族なりも、自分のお墓には必ずよい場所を選んだはずです。
つまり、ここは遥か昔からとてもよい場所だと言われてきてる、とても素晴らしい場所ということです』



両宮山古墳辺りは、車で良く通る道なんですが…
これから景色が一変しそうです。

言われてみれば、備中国分寺も造山古墳のすぐ近くです。

帰って早速、ネットで備前国分寺を調べてみました。
f:id:yamato-hisanobu:20160920200326j:plain
おお…伽藍…素敵…

最近、ポケモンなどARが流行っていますが、
備前国分寺をARで見たい、感じたい、と強く思いました。
f:id:yamato-hisanobu:20160920200656p:plain
なので一人ARしてみました。
f:id:yamato-hisanobu:20160920200727j:plain
おおおお、こんな景色みたい…


最後に職員さんに
「丁度今、岡山シティミュージアムで超巨大古墳展やっていますよ、是非!」
と勧めて頂きました。
早速行ってきて…これまたとんでもなく素晴らしかったのですが、
書くとメチャクチャ長くなりそうなので、今回はここらで止めときます。



「あかいわART RALLY 2016」~2016年9月25日(日)まで
「岡山シティミュージアム 超巨大古墳の時代」2016年10月16日(日)まで

どちらも無料です。
是非行ってみて下さい。

CSS Nite in OKAYAMA, Vol.6「ワンランク上のWeb制作」に参加しました。

Web

f:id:yamato-ugaki:20160916211128j:plain


写真はCSSNite公式ページよりお借りいたしました。

cssnite-okayama.jp



こんにちは。
皆様のご相談を解決できるWebクリエイター宇垣です。


先週の土曜日に岡山で開催されたWeb勉強会へ参加してきました。
今回は「ワンランク上のWeb制作」ということで、実際に現場寄りのことも多くて興味深かったです。



f:id:yamato-ugaki:20160916214141j:plain
項目は大きくわけて4つ。

①Webデザイナーの将来性
②カジュアルにはじめよう。Webコンテンツのアクセシビリティ
③ウェブサイトの原稿の取りまとめ、編集・校正の進め方
④知っていれば「早く終わる」「綺麗に仕上がる」イマドキ実装テクニック

Webデザイナーの将来性

f:id:yamato-ugaki:20160916214211j:plain

講師の方はWebクリエイターボックスでブログを書いていらっしゃるManaさん。

現在のWebデザイナーと今後のWebデザイナーの変化、そして私達が来る未来に対してどう備えるべきかを教えてくださいました。
今後のWebデザイナーは、「クライアントの市場調査」「インタビュー」「試作品」「テスト」…などWebサイトに関する全ての制作を任せられるのだとか。

制作会社や各企業によって社内の部署構成などは違うと思いますがひとりひとりの制作者のスキルアップと、あらゆる分野に手がつけられるという状況が大切なのかなと感じました。

カジュアルにはじめよう。Webコンテンツのアクセシビリティ

f:id:yamato-ugaki:20160916214311j:plain

講師の方はSAWADA STANDARD DESIGNの澤田さん。

アクセシビリティについてはよくセミナーで聞くのですが、JIS規格だったり制作後に別枠として取り入れるものが多く「大変」「手間」というイメージが強かったのですが今回聴いたお話だと制作中に数分思案するだけでできるものだったのでぜひ取り入れようとおもいました。
必ず通る「デザイン」や「コーディング」という制作の中でちょっと工夫を加えるだけで誰にでも優しいWebサイトになるのですね。

特に最近ではレスポンシブといってPCサイトとスマホサイトで同じ原稿・画像を使用することも多くなってきました。
しかしデザインはそれぞれに最適化したものなので、当然スマホだと縦長になってきます。そのときに、「右のボタンを押してください」と一概に言えなくなってきた、ということに気がつけただけでも大きな進歩でした。


ウェブサイトの原稿の取りまとめ、編集・校正の進め方

f:id:yamato-ugaki:20160916214254j:plain

講師の方は株式会社まぼろしの益子さん。

一番ぐっときたのは「原稿の遅れが公開の遅れという意識をお客さんにもっていただく」ということ。
お客様にとっても通常の業務をしながら原稿をつくるというのも大変だと思います。
Webサイトを制作するときにまとめて文章ごとご依頼いただくことも稀にあります。
その場合は我々がインターネットで調べながら制作するのですが、どうしても薄っぺらかったりずれていたりすることも多く修正が重なります。
やはり専門家であるクライアント様に書いていただくことが一番だと実感します…。
原稿はあとで送りますね!や原稿書きますね、と言っていただくのが、一丸になって制作している感じがして好きです!

そして制作に関わる人が増えてくるとスケジュール管理、担当者の明確化が重要になってきます。
その重要さや、上手な進め方のコツを今回学ぶことができました。

知っていれば「早く終わる」「綺麗に仕上がる」イマドキ実装テクニック


f:id:yamato-ugaki:20160916214422j:plain
講師の方はスイッチの鷹野さん。
具体的なAdobeツールの使い方や、Adobeに代わる新しいサービスを教えて下さいました。
定期的に「これ●年前からあるんだけどね」というフレーズを挟みつつ、たいていそう言われた時は知らなかったツールばかりだったので驚きです。
世の中のクリエイターがもっと短時間で高品質のものをつくれているのはここの違いだったのでしょう…。

クリエイターにとって新しい技術はどうしてもMacが先駆けることが多く、Winユーザーは少し地団駄を踏みながら待っていることにします。



おわり

f:id:yamato-ugaki:20160916214452j:plain

セミナーが終わり、今回は懇親会にも参加させていただいたのですが、
講師の方はもちろん他の参会者の方など、私よりも長くこの業界に身を置いている方ばかりですので全員が講師のようでした。
懇親会・二次会では業務の進行の悩みや、業界の悩み、具体的な技術的な悩みなどさまざまな情報を手に入れることができました!



ちなみにこのあたりに座っていました。
f:id:yamato-ugaki:20160916211739j:plain

十五夜と月の模様

ライフハック ライフハック-今日は何の日

f:id:yamato-fujita:20160915083514j:plain

おはようございます。
お客様に共感し寄り添うデザイナー…
になるため、日夜DTP一本で邁進している岡山の制作、藤田です。

今日は9月15日、十五夜ですね。
岡山は最近あまり天気が良くないので
夜も月が見えるのか…と不安にはなりますが、
天気の良い北海道や東北の辺りはきれいに見える予報みたいです。

resemom.jp

ちなみに今年は満月は17日だそうで、
満月二日前なのでやや欠け気味ではありますが
ちゃんと丸っこい中秋の名月が見えるようです。
ぜひお月見の準備を。


そういえば、皆さんはもう本日のGoogleのロゴは見たでしょうか?

f:id:yamato-fujita:20160915091025j:plain

Googleのロゴもお月様とうさぎになっていました。かわいいですね。


こんなかわいい感じですが、月うさぎには由来があり、意外と悲しい話なので
この機会に気になる方はぜひ「月うさぎ 由来」で検索してみてください。
ちなみによく「月の模様がうさぎに見える…」とは言うものの、
外国ではカニに見えたりライオンに見えたり女の子に見えたりするそうです。

aptrendnews.xsrv.jp

並べてみると「あ~案外見えるかも~」となるのですが、
単体で思い起こせた人はなかなか想像力豊かだなと思います。
壁のシミが顔に見えるタイプの人ならいろんなものを想像できそうですね。


今夜はとりあえず月が見えるか見えないか…という感じですが、
日本に台風が近づいてきているので満月が見えるのか怪しいところです。
岡山もがっつり暴風域に入るので3連休中、明けに自転車が飛んでいかないよう
今のうちにどう対策しておこうか悩んでいます…
皆さんもお気を付けくださいね。

ページトップ